2022年サッカーワールドカップについて

いつの間にかアニメは転生シリーズで埋め尽くされている。

どうも、しまです。

という事で、チート級の強さをもった主人公があっけなく敵を倒していく爽快なストーリーのアニメがたくさん世に出ています。

何度もギリギリで食い止め強くなり敵を倒していくという根性的なアニメは古い考えなのかもしれませんね。

まあ楽しければ良いか。

という事で、惜しくも死のグループから見事一位でリーグ突破を決めたサッカー日本代表には心からお疲れまでしたと言いたいです。

というのも、強豪国 ドイツとスペインに勝っての突破でしたので、このままいくか?
という淡い気持ちを夜更かし寝不足ということを無視した楽しみをもらったのでとても感謝しています。

今回の日本代表から学んだ事
【最後までわからない】
【ジャイアントキリングがより分かりやすくなった】
【僕にとって知らない人たちでしたが試合が終わると名前を覚えられる】
【渋谷で騒いでる人は目的が人それぞれなので喜んでいる自分たちに酔っているだけ】
【日本代表のユニフォームの売り上げが変わる】
【勝った日のニュースはだいたいサッカーで埋め尽くされる】
【よくわからないけど、対戦国の料理店でカメラがサポーターを撮影しがち】
【点数決めた当事者ではない、兄弟や家族、はたまた何十年も前の監督にまで取材が行くのでもはやどうでも良い人の話を聞かないといけない】
【解説者はともかくニュース番組やキャスター、専門家の熱量が強すぎてちょっと何言いたいかわからない。なんかキマッてる。】
【国旗を背負って戦う気持ちと重圧は想像もしたくない】
【サッカー選手の奥さんや彼女がかわいい人が多い。】
【対戦国の特別料理が何故か考案され売られている】
【トイレの使用量の変化を、ハーフタイムと試合終了後増えていることをやたらと報道しがち】
【現地に応援に行っているサポーターは金持ちか人生をサッカーの応援にかけたクレイジーや貧乏人】
【試合後のゴミ拾いを日本人サポーターが行い現地の国でほめられがち】
【韓国選手は何かしらケンカしたり批判されている】
【今回の最新技術のVAR判定がこれからのスタンダードになりそう※オフサイドやラインを割ったなどの判定に大きく正当性がでてきた】
【ひとりくらい大口をたたく選手がいる。中田、本田、堂安など】
【なんかわからないけどヨーロッパのファンが暴動を起こしがち】
【ウィニングイレブンなどのサッカーゲームが欲しくなる】

以上です。

色々書きましたが、とにかく面白かったです(^^)
それでは今日も楽しんで生きますか!

2022年サッカーワールドカップについて