先人に学ぶこと

今年の一月からマイナス6キロのダイエットに成功しました。
どうも、しまです。
いきなりですが、友人からこんなメールがきました。
「温胡知新」って何??
正直僕も聞いたことはありましたが、意味までは覚えていませんでした。
友人はインターネットをする人じゃないので、
さっそく検索して教えてあげました。
意味はこちら↓
過去の事実を研究し、そこから新しい知識や見解をひらくこと。◆ 「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る」と訓読する
言い換えると、案外誰かが経験している問題が多いので、
自分の出す結論に、過去の事例をあげ説得力や理由をつけるということですな。
僕の場合は「仕事」でプレゼンする場合に、過去の例を挙げることが多いのですが、そこで気をつけなければならないのが、
「ネガティブなプレゼン」
「ポジティブなプレゼン」があるということ、
コミュニケーションにかかわる事ですが、
「失敗するのでやめましょう。」
と誰かを説得するのと
「もっといい方法(得策)があります。」
とでは、
聞くほうの印象がだいぶ変わります。
できる相手なら素直に一度は受け入れてくれるはずです。
それから過去の失敗例をあげて、その時、誰かが解決した方法を試すのも良し、独自にさらにいい方法を提案するのも良しということです。
もし、その人が「判断する人」として、優れている人ならば一度は情報を吸収し、さらに応用したり対応することができるでしょう。
ちなみに僕は、誰かのポジティブな提案は
あたまごなしに否定することはしません。
「提案してくれる人も、成功を祈ってくれている人だと思うからです。」
最初と話はずれましたが
「温胡知新」
再確認させてくれた友人に感謝です☆
100年前と現在を比べたらおもろいな

先人に学ぶこと