ぶつぶつ・・・

ヒマワリって放射能で汚染された地域に植えると、土地を浄化してくれるんだぁ。。

 

どうも、しまです。

 

 

30年以上かかる土壌の放射性物質の除去までに30年以上はかかると言われる場所でも、

わずか20日で95%以上を除去したという記録が残っている

 

というお話ですね。

 

自然の力ってすごいって聞くけど、

やっぱりすごいやって改めて感じた。

 

 

日本は高度経済成長をはたそうとしていた時代、

大気汚染や川海にまで工場からでる水銀などを垂れ流して汚染していた。

 

すると、近隣の沿岸部漁協は、人体に被害がでる魚しかとれなくなり人々は嘆いた。

 

ただ嘆くだけではなく、そこからもう一度自然を取り戻そうと努力し、

町だけではなく国にもその実態を把握してもらい行動してきました。

 

今現在、その海はどの海よりも魚や貝などの海の生き物が生息しているそうです。

 

 

そう、

 

 

その海にいる生物で、「水銀」を浄化する微生物が誕生したんです。

 

その海にしかいない新種だったそうです。

 

すごい生命力です。

 

 

人間も地球も、進化します。環境に適応しようとします。

 

私達が気がつかない所で、誰かが環境に適応し私達が生きやすい環境を作ってもらっているんだなぁって、

思ったので、

 

ながながとつぶやきました。

 

↓水銀分解細菌


 

参考サイト↓

http://www.nimd.go.jp/kenkyu/kenkyu_04.html
最後に↓

ぶつぶつ・・・