「0」からのスタート

人生30からのスタートもありかもしれない
どうも、しまです。
テレビでイチローの特集をやっていました。
以前も日記で話題にしましたが、
やっぱりすごい人だなぁと思った反面、
「自分にもできないことない」と、よくわからない自信に繋がりました。
何かを成すためのポイントをチェックしてみた。
彼いわく、
「努力を努力だと思っていない」
彼が高校時代に
言った言葉「僕を甲子園出場ではなくプロ野球選手にしてください」
まずはキーポイントは「目標をしっかり描いている」
その後も
夜中、学校に幽霊がでるという噂の正体は、
やはりイチロー選手の素振り練習だったり。
次のキーポイントは「努力」
人前では練習する姿を見せないという姿勢は
彼が「天才」と呼ばれてしまった原因ではないだろうか。
「天才は一日の努力なくして成らず」
最後に個人的な意見というか所見ではあるが、
結局、まわりからの「評価」は
「結果」を出しているから「評価」に繋がる。
「結果」を出していなければ「評価」されても低いことになる。
別の言い方をする。
ひとつの教科書を二人で利用し、同じテストを受ける
Aさんは教科書を使わないでBさんがとったノートを見る。
Bさんは教科書を読んでノートをとる。
テストを受けた結果Aさんのほうが点数がよかった。
「結果」Aさんは天才だとか、利口だとか合理的とか言われるが、
実は誰もしらない所で、教科書を必死に読んで吐きそうなくらい緊張してたことは誰も知らない事実である。
イチローの話に戻るが
彼の数字となって現れた「記録」には、
数々の隠れた努力や「記録」の数々の積み重ねの結果だと言える。
私たちが知っているのは、一部に過ぎず
彼のように「周りから評価される人間になるには・・・」
少しわかった気がする。
最後に
彼はこういった事を発言している。
『「目標」を決めて、それを成すためのきつい練習を「努力だと思わない」あたりまえの事じゃないか。』と言っている。

「0」からのスタート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です