夏の生ぬるい雨

36年も生きると、

 

今まで感じなかった事に、

 

自分で気づいて、

 

驚くことがある。

 

それが、

 

「夏に降る雨」が意外と好きだという事だ。

 

生ぬるい雨にうたれ、

 

家路を急いでいると、

 

今まで雨に濡れないように避けてきた人生だったのだろう。

 

36年もの間で、雨に打たれる確率が夏に多かったはずで、

 

その雨に打たれた瞬間の感情が、楽しくも悲しくも、

 

無意識に自分の心の中にしまってあった感情が、

 

生ぬるい雨に打たれた瞬間の、

 

生暖かい、けして気持ちいとは言えない、

 

どちらかと言うと早く雨から逃げたい、乾かしたい衝動を感じた瞬間に、

 

無意識に思い出そうとしているのだろう。

 

そのきっかけが、とても、懐かしくも、優しくもある、

 

「生ぬるい雨」なのだと思った。

 

だから僕はただ

 

生ぬるい雨が以外にも好きだという事を、

 

この長ったらしい文章で説明をした今回の記事でした笑

 

 

 

 

 

 

それでは、その状況を楽しめるように心に余裕を持ちましょうか ^^)

 

夏の生ぬるい雨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です