最近見た映画

どうも、
来年「三十路」のしまです。
最近映画館で見た映画はこれ↓
「余命一ヶ月の花嫁」

久しぶりにホロリポロリときた映画です。
ずっと昔から「愛」について考えてたけど(ちょっとクサいけどすいません)たらーっ
壁が大きければ大きいほど、相手への「想い」が強くなって、
いつからか「儚い」ものへと変わり
その儚さが「無意識な欲求」へと変化しているのかもしれないですね。
ある人が言ってましたが「人は無いものねだり」だから・・・とか。
手に入らないものへの執念や想いが、人間を動かす原動力となっている事もしばしば、
この映画はその原動力とも言える、一言で「愛」といわれるモノに対する
原動力が僕には羨ましくもあり、同時に切なく怖く感じました。
よく、「愛に生きる」と言った言葉で済ませてしまうのは、大変恐縮ですが、僕が求める「愛に生きる」形なのかもしれません。
はぁ~あ、とりあえず明日もがんばろうっとふぅ~ん

最近見た映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です