仙台にはじめていった。

地方に行ったとき、一人で夜ごはんに行く事の勇気と、
クラスで先生に「誰かこの問題わかる人?」と挙手を求められた時のドキドキ
は似ている気がします。
どうも、しまです。
という事で、最近お仕事で仙台へ行ってまいりました。(箇条書きで書いていきます。意味はありません 笑)
初めての仙台空港。
からの~
仙台駅。
北海道写真ブログ|仙台写真1
からの~
多賀城市駅の王道な牛タン定食得々バージョン。
北海道写真ブログ|仙台写真2
からの~
普通に仕事をして、
夜は、今後お仕事やプライベートでもお世話になりそうな先輩に
ごはんへ連れて行っていただき。
からの~
次の日は献血。(←なぜ???そこに献血ルームがあるから・・・)
いや、飛行機まで時間があったのでw
北海道写真ブログ|仙台写真3
そしたらなぜか、10回目記念という事で、
記念品を頂き(←何かほしくてやったわけではないのですが、
頂けるならもらっておきます(笑))
冷酒を飲みたくなるグラスが入ってました(^^)
北海道写真ブログ|仙台写真4
そんな、仙台の初訪問は、
震災から4年の月日が経っていても、
震災の被害がいたるところにちらほらで。
街を行き交う人は、
そんな会話もどこかリアリティに薄れ始めていたり。
人間の、記憶の片隅に、
辛かったことや楽しい事も時間の経過とともに、
薄れていくのは、
今の人間がこんな形になった理由のひとつ一緒で、
進化するために、必要以上の記憶を残しちゃ、
長く生きる事ができなかったり、
子孫を残すことができなかったり。
だから、細かい辛い事は少しづつ忘れて、
大きな辛い事も、少しづつ忘れて、
色や形やにおいとか。
記憶はあいまいなものに変わっていって。
今自分の周りにいてくれる人に
自分ができる事を毎日一生懸命やって。
ゆっくりと頑張っていけたらいいなぁと20階から眺める景色を見て、改めて思いまして。
ちなみに、献血は趣味とかではありませんので(笑)
血が足りないって書かれていたら、
あげるってなっただけ。
自分自身に血が足りてなかったらあげれないけど、
今は、自分の血は足りてるから人にあげれるし。
いつでも何かアゲレル人になれたらいいな。
今回の意味に深い意味はありませんので。

また仙台に行けるように頑張ろうっと。
そんな今日も頑張りましたね♪おやすみなさい。

仙台にはじめていった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です