短い夏の思い出【ありきたりなお話】

今だに0.3mmづつ毎年背が伸びています。

どうも、しまです。

う~ん、32歳で176cmまであと0.1ミリ!!

って、バカっぽい。。。

という事で、
9月に入り、
月末に向け、だんだんと気温を下がり、
蒸し暑さから
過ごしやすい暑さへと変化していく北海道。

まだまだ、遊び足りない「夏」の面影を追いかけて、
夏に余った花火で遊んだり、、、、


北海道写真ブログ【SYSTYLE】北海道の短い夏の思い出
まぁノンフィクションなのかフィクションなのかはご想像におまかせして(^_^)

【ありきたりなおもいでおはなし】

ちょうどお盆時期だったな。
(むかしはお盆とかどうでもよかったよね、夏休みという事だけは覚えてる)

今思えば、なんともない。
ただ両親が田舎へ帰省していたのだろう、、、

公園へ行くと見知らぬ女の子が一人でうずくまっていた。
きれいな黒髪の長い女の子。

さすがにほっておけなく、友達と一緒に声をかけると、
転んでヒザをすりむいてしまったらしい。

自分たちとは肌の日焼け具合も違う、肌の白い女の子。

公園の川で魚を捕まえたり、
森の中を探検(冒険)したりしている小汚い
靴や白いTシャツはところどころ、草のつゆで緑になってたり、
もちろん土で茶色くなってたり。
そんな自分達とは真逆で、、、(笑)(^^ゞ

それが、
夏休みの女の子との出会い
いかにも都会から来ました的な、
そんな感じの女の子との出会い。

機嫌を直してもらうために、つい先日川で滑って転んだ時にできた
自分のもっとひどいケガを見せてみた。

すると、その女の子はあまりにもひどいキズを見て笑ってしまってた。(^_^)


それから、一緒に川のほうへ行ったり、鉄棒で回転する技を見せたり。
ひたすら、田舎の子供ならでは「必殺技」的な、遊びを見せびらかしてたものだ。
そのたびに女の子は「すごーい!!」と目を輝かせるものだから、
得意になって男の子たちは自分の技を見せびらかせてた
(男ってものは自分の地位や力を誇示するいきものです。今でもみんなそんなもんかw)

夕方ごろ、辺りが暗くなる前に、
心配した女の子の母親(これまたキレイな自分の母親とも違う痩せた人)
が迎えにきて、
こきたなくよごれた少年達をみても
「また遊んであげてね。こっちにお友達がいないからこの子」
と優しく、これまたキレイな言葉で、
まだまだ遊び足りない子供の遊びに終止符を打たれてしまった。

次の日
女の子にまた会える事を楽しみに公園へ行って遊んでいると、
昨日よりも運動しやすい服装で
(たぶん親が汚してもいい服を着せたんだろうねw)
嬉しそうな笑う女の子が現れた。

なんか女の子なりに気合いれて来たんだろうね(笑)
服装の開放感からか、
興奮気味のテンションからか、
昨日とはうってかわって仁王立ちに近い感じで現れたのだw

その日は、
自分達が森の中に夏休み中に大量のダンボールで作った
「秘密基地」を教えてやる事にした。

森の中と言っても、大人なら10分もしないで舗装された道路からたどり着ける場所だ。
川を超えて、獣道とも言えない、自分達の背丈よりも高い草木を切り分けて、(棒でなぎ倒す感じw)
開拓した場所。。森の中の少し開けた場所。

秘密基地の中には、
漫画本や空き缶、
壊れた傘、
聖なる剣と名付けられたタダの棒っきれ、
食料としては「アメ玉」や
畑から盗んで持ってきた(ごめんなさい・・・)スイカとかが並べられていた。

それを見て女の子はテンションマックスな感じでハシャいでいたのを思い出す。

親から離れて、子供だけで作る世界は、今思うと、
どんな世界よりも
想像できないほど広く感じてたよね。

夕暮れになるとお腹が空いて疲れた僕たちは、それぞれのホームへ帰宅。

やっぱり、心配してた女の子の母親は玄関の前まで出てきていた(笑)。
ドロドロになってるムスメの姿を見て少しドン引きしてたような気がする。

そして、

ドロドロになった手を振り、名残惜しく手を振る女の子を
家の中に入るまで見送ってたのを思いだす。

そういや、あの頃、野郎どもだけで、遊んでたし、
いつしか女の子にあうのが楽しみになってただけだったな(笑)

だけど、、、出会ってから三日目、

女の子が現れたのは、
いつも来る時間よりだいぶ遅れてだった。
しかも両親と一緒に、
はじめて会った時と同じ、
キレイな格好で。

女の子の表情は泣いてたんだろう、
目が腫れぼったくなっていた。

親に無理やり別れを告げさせられた女の子は
「いっぱい遊んでくれてありがとぅ・・・」
そう告げると一度も振り返らずうつむき車に乗り込む女の子を
僕たちはただ見てるだけで、、
「ばいばい・・・」
聞こえたかわからないくらい小さな声で短い夏に出会った女の子に別れを告げた。

現実なんてそんなもんだよね。
映画やドラマじゃないから、女の子が病気になったりw
そんな展開はないのですw

大人の夏休みとかお盆は、
親がその親に会いにくる目的だもん、
何日も滞在するわけでもなく、広島に帰っちゃうんだって。

遠いなぁ、

となり町でも、遠いと思ってたあの頃に、
北海道と広島県の距離って言ったら。。。(笑)

北海道には北広島市っていう街があるけど、
帰って親に確認したら、やっぱり広島県だってw

遠いわw

短い夏に
初めて胸が騒いだ感じがした夏の日の思い出。

一人の女の子が少年達の記憶をキレイな
せつない思い出にした夏の日。

PS↓
ちなみに、しばらくしてその話をみんなでしてたら、
友達みんなその子の事意識してたらしいww


その子と「手」を繋いで帰ったのは「俺だけ」だけどね(*^^*)

エンディングテーマ「たしかなこと cover」

それでは、みなさま!!
今月もがんばりましょうか♪

短い夏の思い出【ありきたりなお話】

6 thoughts on “短い夏の思い出【ありきたりなお話】

  • 2012-09-03 at 3:50 PM
    Permalink

    健診に行ってきました、笑)
    昨年より身長が伸びていました!!チビなのであまり気にはなりませんが、0点数ミリでも毎年伸び続ければ、157センチに到達か⁈www
    体重は、なーんと、8キロ減!おめでとー\(^o^)/(身長とともに、増えていた!…といぅオチの方が面白かったでしょうけど)。
    って手放しでは喜べません。…元の会社への復活にはじまり、意外にストレスだったのでしょうか。ま、あまり真剣に考えず、ほぼ笑い飛ばしてますけどね☆あとはダーツに逃げてます(^ ^)
    とりあえずスリム化したので、良しとしましょう☆笑
    夏、夏、夏~。まさに取り戻している最中です!ドライブ、ツーリング、焼肉、海、山、ソフトクリーム、ビール…なんだかよく分からないキーワードが並んでますが、こんな感じもいいでしょう♪
    夏の思い出かぁ…
    これからつくるとしたら、
    手をつないで歩きたーい\(^o^)/(…思い出ばなし、何だかいいな~と思いました、笑)

  • 2012-09-07 at 9:55 AM
    Permalink

    笑笑さん>>
    どうも!(^O^)/
    身長が伸びて体重が減ったんですか><
    相当ストレスを貯めていたんですね。。。(゚д゚)!
    とにかく
    遊んで、リフレッシュして心のバランスを
    とる事も仕事していく上でも、大切な事でだと思いますので、無理しないでくださいね(´(ェ)`)
    新しい?職場ではそういったストレスもないのかな?まぁ、とにかくまだまだ、
    季節ごとの楽しみ方がある北海道ですので、
    焦らずにゆっくりと楽しみましょうか♪♪

  • 2012-09-08 at 3:10 PM
    Permalink

    コンマ1㎜単位が測れる計測機って・・・

  • 2012-09-10 at 9:57 AM
    Permalink

    忍者さん>>
    (゚д゚)!
    そうだ、出ました天然。。。
    1mmの間違いですね。。。(;´Д`)
    もしくは0.1cmですね。。。(TOT)
    初書き込みで突っ込まずにはいられない
    状態にさせてしまってすいませんでした(笑)

  • 2012-09-11 at 1:15 PM
    Permalink

    笑… コンマ1、確かに☆でしたね
    私ものっかてるし(^ ^)
    そうですね、
    北海道には四季折々の楽しみがありますよねぉ。そろそろ気分も秋モードにして、山に行って紅葉とか、のんびり温泉とか、秋の味覚なんかに、楽しみを変えようかと思います(^ ^)まったりしますw
     
    …新しい会社は元の会社なので、変わりなくヤバイですねぇ(笑)
    二度めなのに、そもそも体質に合わないのでしょうかwww
    けど、syさんのブログ見ていると、自分に戻れるので助かってますσ(^_^;)…穏やか~な世界観、いいです(^ ^)v

  • 2012-09-12 at 9:46 AM
    Permalink

    笑笑さん>>
    このブログのサブタイトルでもあるように、忙しかったり心に余裕がなかったりするからこそ、「スローライフを楽しみたい人のブログ」って紹介していますが、(※スローライフの定義はわかりませんが。。。笑)
    今がそうじゃないから僕はスローライフを楽しみたいと思っているんでしょうね(笑)
    組織が形成されると、必ず人間関係や会社との間にフラストレーション、ストレスを感じてしまう事がありますよね(゜o゜)
    だからこそ、自分のなりたい事を声にだしたり、記事にしたりコメントしたりして目標をより明確にする行為が大切なのかもしれないと最近思っています☆
    なので、心にゆとりがなくなりそうな時とかは、あえてこのブログを何気なく見に来てください。本当にくだらない事ばかり記事にしていますが、僕が死ぬまでブログの更新は辞めるつもりはありませんので(笑)
    それが、せっかくこのブログを読んでくださっている方々へと自分との勝手な「お約束」にさせてもらいます(^^)
    いつか、何かを始めるきっかけになればと色々企画していこうと思っています☆
    その時はどうぞ宜しくお願いします☆^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です