Someday we will talk all night /いつか僕らはひと晩中語り合うんだ

今だからこそ普通に消費してます。

どうも、しまです。

ということで、この数週間で空気清浄機とタブレットと家関連のものを購入しているので20万円くらい消費してます。

お金があるとかないとかじゃなく経済は止めちゃいけないので、感染しないようにオンラインでの購入や、平日に仕事の合間に買い出しもしています。

濃厚接触しないようにと、手洗いとうがいと、睡眠をよくとり、愛する家族と大切な時間をゆっくりとした時間を大切に毎日過ごしています。

 

仕事は相変わらずバタバタしているので気持ち早い時間からオフィスへ出勤。

早めに仕事を切り上げられるならそれに越したことはありません。

仕事での活動時間を減らすことで感染へのリスクも減らします。

 

僕の周りには自分の今の考えを声にだし行動し実践していることをお話ししていますが、
このブログを読んでくださっている方々には今の状況や考えをお伝えしていないので、
記述しておきますね。

1.当たり前だけどピンチは大きな信用を獲得するチャンスです。

2.今の自分を変えるチャンスです。

3.愛するものの確認できるチャンスです。

4.外出を控えたときにできることは、家でやらなくちゃいけない事をするチャンスです。

5.仮に大切な人が傷ついてしまったらと考え行動することのできるチャンスです。

6.不特定多数との交流は、アフターコロナで、今は必要な人を整理するチャンスです。

少し冷たい発想かもしれませんが、自然とその方向へ向かう時期、時代なのです。

もちろん戦争を知らない世代です。もちろん、世界とつながっていた事に、気づかされる今です。

特効薬や対処法などが確立するまでの間、感染しないように過ごすための努力と自制心を。

最低限の行動を。

児童養護施設で、親と一緒にいない子供たちにはお米を送りました。毎年行っていく予定だったことを早めに行動を起こしました。

これから買いだめも自制しなくてはいけなくなる。

学校が休校になれば食糧が十分にいきわたるか心配ですし。

これ以上愛に苦しんでほしくないですし。

 

いつか僕らはひと晩中語り合うんだ。

 

抑圧された生活と未知なる恐怖を感じなくなった時に。

 

次から次へと恐怖のカタチは変わっていくけど、共通した恐怖を感じられる今。

愛する人と一緒に、いつか僕らはひと晩中語り合うんだ。

 

これからの未来をもっとよくする、楽しむ計画を。

 

Someday we will talk all night /いつか僕らはひと晩中語り合うんだ

 

 

この度、感染症が原因で亡くなられた方と、そのご家族。

また闘病を続ける方々へ。

ご冥福とご多望と幸せが最大限に訪れることを祈り信じて。

4月某日。

Someday we will talk all night /いつか僕らはひと晩中語り合うんだ