戦争と平和と愛と

哲学的な意味とか知らないが、人間は考え行動する生き物、時々本能的に行動する。

中途半端な制御の難しいモノなり。

どうも、しまです。

という事で、多くの人が何か行動を起こすときに考えてから動きますが、たまに人間は短い将来も想像できずに衝動や感情で行動、発言をします。

これは、脳からの伝達する速度と経路が違うのではないかとかってに想像しておりますが、何が言いたいかといいますと。

人っていざと言う時がこないと危機感とかがなくなって平和ボケするよね、って言葉の意味を考えてたら、まず平和ボケって別にいいんじゃないかな。

ただ、起こるかわからない事に怯えながら眉間にシワをよせ日々の生活をしているやつと、楽しく笑っている人、どっちの人生を歩みたいかって聞かれたら、
俺は笑っていたいです。

新型コロナとか、中国とか知らないが、とにかくこれからの時代はいろいろな脅威や猛威があるものだと改め感じました。

要するに「人」だけではない脅威と猛威に注意し、緊張しながら生きることも本来であれば必要だったのだと。

増えすぎた人口も、ある程度でウイルスなどが蔓延し数の均衡を保とうと自然は、地球が定期的に問題を起こしているように理由付けをしてしまいます。

なんだか、マスクや食料を買い占め、自分だけよければ良いという根性が見え隠れする今の時代は、少し悲し気になります。

 

なぜ、買い占めるのか。

 

購買している人にも守るべき人、愛する人、子供かもしれないし、親かもしれないし愛する人かもしれない。

 

その人のためにもマスクや食料を買って帰り、不安な心を物欲を満たすことで安心感を持ちたいのかもしれないと思います。

 

また、SNSなどでデマと呼ばれるトイレットペーパーなどがなくなるといった人が罰を受けていましたが、それを言うと世界が混乱するという自覚がなく、
なおかつ、筋の通った持論が正しいことをあらかじめSNSでつぶやいておく事で、「ほらみろ、俺はずっと前からわかってたんだ。俺は正しいんだ」

という後日カリスマ的な賞賛を受けれるのではないかと思ったのかもしれませんね。

僕にはわかりませんが、不特定多数の人、見られる可能性のある発言に、本人の自覚、「まさかそんなに自分の発言が。。。」と今になって後悔している人がいるでしょうね。

明日は我が身です。

 

ということで、各々誰かを守るための行動をした結果、混乱にいたっているように思えますのでこうやって争いが絶えなくなるのではないかと思います。

 

冷静な判断が難しいかもしれません。なぜならみんなが緊張しているので変な発言や行動があれば袋叩きにあう状態ですので、
発言も行動もある程度ふだんどおりし、消費し、経済を回しながら回復や特効薬ができるを待つしかなさそうです。

 

ということで、少し含みのある文章でわかりづらいと思いますが、何気ない小さな幸せを感じらるように皆さまがお過ごしできますように。

戦争と平和と愛と