北海道「冬の夕方」

いよいよ28万キロ走ってるプリウスとさよならするかも。

どうも、しまです。

さよなら。愛車。

ということで、中古車で、20万キロ、100万円したプリウスとさよならする事になりそうです。

ここからマニアックなお話ですが、モデリスタのエアロが北海道の冬の青空駐車場と豪雪により、
破壊。。フロントエアロだけない状態の方が今はかっこいいと思っている今日この頃。

ちょっとしたマンホールの溝で動けなくなったプリウス。

予想よりも燃費が良くて、どこまでも行けそうな気がしたプリウス。

思ったより荷物を詰め込むことができてキャンプとか沢山いかせてもらったプリウス。

さすがに25万キロを超えたあたりから足回りが悲鳴をあげ、ボッシュなど交換。

悲鳴はなくなったが、燃費がこころなしか下がっているような感じです。

今年も北海道内を車で移動することが増えそうですので、
過走行の車では少々不安になりそうですので、まだまだ外装以外は現金な車ですが、走ってる途中でバンパーなど落とさないように
別の車に乗り換えを検討しております。

 

長く乗っていればモノへの思い入れや愛着が湧いてきますよね。

昔車を乗り換えに向かっている途中でマフラーが途中で落ちたことがありました、
ギリギリまで持ちこたえてくれたことに、その時少し感傷にひたったのを思い出します。

恥ずかしながら、少しドラマチックな、ロマンチストな部分も、僕にはありますのでモノとは言え、
日頃から生き物のように接する方が楽しいような気がするので今でも少年のこころを大切に生きてます。

 

話は以降全然脱線します↓

写真は旭川です。2020年1月は雪が少なく、あの旭川でさえ雪があまりありませんでした。

雪不足とはなんだか、住んでる人にとっては、わずらわしい除雪や運転などでの緊張。
道路が狭くストレスにしかならないのでうれしいのですが、雪まつりやスキー場では雪不足は利益に響くので、
なんだか報道と生活者との気持ちの乖離が気になるのは私だけでしょうか。

↑旭川の駅前写真

 

↑高速道路から夕方、グラデーションがあまりにキレイだったので携帯でパシャリ。

 

という事で、北海道内を仕事やプライベートで移動しまくっている私は、
北海道を全力で楽しむ方法を模索しながら楽しんで生きています。

最近は、食べ物も冒険するために、飛込で居酒屋や飲食店に入りその土地ならではの空気を楽しむようにしています。

車は北海道で生きるには必要なモノですので、その思い出と共に物思いにふける2020年の春を迎えそうです。

 

それでは、楽しんで生きますか(^_-)-☆

北海道「冬の夕方」