2011年の締めくくり

大人になってしなくなったことって、
やることになった時に、ちょっとテンション上がっちゃうよね。

どうも、しまです。

たとえば、「前ならえ」
そうです。全校集会の時に、先生を先頭に体育館へ移動しましたね。
そしたら、かならず

「まえならえ!」

「気をつけ!」

「れい!」

と、よくわからん教頭先生風か、体育教師がキレ気味に怒鳴っていましたね。

当時の僕は、それが当たり前に思っていましたが、
生徒をまとめるにはキレ気味でいかないと飲まれてしまうからだったのでしょうね(笑)

さて年末に全然関係のない内容ではじまりましたが、
今回は、今年最後のブログ更新ということで、今年一年を振り返り
来年へ活かす為の漢字一字を発表します。(お前の個人的な目標とか聞いてねえよって人もいるかと思います、すいませんがもちょこっとお付き合いくださいませ)

「継」

「継続」
「継承」

でわかるとおり、前から行なっている事を続けるという「継(ケイ)」です。

今年は、僕にとって、涙の多い一年でした。
震災によって悲しむ映像が辛く涙を流すときもありました。

大好きなおばあちゃんも亡くしてしまいました。

それと同時に大切な事も多く感じ気づきました。

せっかく手にいれた、教えてくれた、
大切な人の「想い」や「思い」を僕の人生に継続していこうと考えました。

そして、これから生まれてくる命へ受け継いでいくにはどうしたらいいのかも考えました。

全ては、自分の幸福へ繋がる行為かもしれませんが、
多くの人に幸福でいてほしいと思います。

話は「継」に戻りますが、
せっかくはじめた良い事も、
辛かったり、大変だったりで続かなくなったりしちゃうことってよくあると思います。

やり始めた理由は、立派なのに、辞める理由は「忘れてた」「意味あるの?」
「大変だから」「お金がかかりすぎるから」などと、理由は軽率です。

理由=目的

をしっかりと覚えておいて、ある目標期間を定め、その期間が来たら改めて精査していくと
人生の個人的な目標管理もできるのではないかという点からも、
勝手に難しく、来年の抱負的な
漢字を「継」にしたのでございます(笑)

今年はじめた、素敵な事柄を続けるにはどうしたらいいのか?

はたまた、もっとよくしていくには?
もっと効率を上げるのには?

ビジネスも私生活も同じですね。

では、来年もこの漢字を決める習慣を続けてる事を祈って(笑)


今年最後の音楽はこちらですね。
いろいろありましたが、悲しさの中に見つけた綺麗なモノを大切に。。。
http://youtu.be/LzJzO6eTmec

2011年も本当にご愛読下さり、誠にありがとうございました。

2012年もより、
謙虚に奢らず、
全ての皆様へ感謝の意を忘れずに邁進して行きたいと思います。

それでは、皆様の2012年が今年より幸せでありますように、
願いを込め今年の締めの言葉とさせて頂きます。

ありがとうございました。

Have a Nice New Year!!

北海道写真ブログ【SYSTYLE】2011年の締めくくり

2011年の締めくくり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です