もしドラ

ひとつ、大きなプロジェクトが終わりました。
どうも、しまです。
と思えばすでに今年も残り7ヶ月です。
本当にすぐです。
時の流れの速さがこうも恐ろしく感じるのは、何に焦っているのでしょうかね。
とにかく毎日、ひたむきに「考え」「行動」していこうと思います。

ではでは、話は変わりますが、6月に公開の映画をご紹介しまっす。
かなり有名な書籍で、僕も読みましたが映画になるんですね。
なんとなく最近はやりのタレントさんをつかった、ミーハーなキャスティングもいいですね。
みてみたいと思います★

映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの「マネジメント」を読んだら」
オフィシャルサイト↓
http://www.moshidora-movie.jp/index.html?type=fc
↓最後にドラッカーの言葉↓
部下の強みを生かす責任↓

部下の弱みに目を向けることは、間違っているばかりか無責任である。
上司たる者は、組織に対して、部下一人ひとりの強みを可能なかぎり生かす責任がある。
そしてそれ以上に、部下に対して、彼らの強みを最大限に生かす責任がある。


強みを総動員する↓

成果をあげるには、人の強みを生かさなければならない。
弱みからは何も生まれない。
結果を生むには、利用できるかぎりの強み、
すなわち同僚の強み、上司の強み、自らの強みを総動員しなければならない。



もしドラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です