地方活性化について

初めてつくったキーマカレーを4日間食べました。

どうも、しまです。

あるニュースを見て思いました。

2010年にニューヨークを訪れた方々は4,870万人で、史上最多記録を更新したそうです。前年の4,530万人から7.6%もの増加。

ニューヨークが持っている魅力を地域のボランティア団体や、社会貢献事業も多数あり、
魅力を世界中に発信できる環境であることなどが増加に繋がったんでしょう。

要するに、どれだけニューヨークに魅力を感じ、それを自分たちだけではなくいろんな人に情報発信する人が多くいるのかが、増加に結びつける為の「きっかけ」の多さに繋がるんですね。

いたるところに、知る「きっかけ」があると、無意識に認知され人々の旅行や話題の選択肢に
入る機械が増えることなどが要因説明の一つとも言える。

観光客が激減している
地方地域の方の意識を少し変えると大幅な流動客増加への道が開かれるものと考えます。

まずは自分から北海道の魅力を世界へアピールしていけたら面白いですね。

まずは内から改善して外へ発信してきましょう★

参考サイト↓
http://www.nyc.gov/portal/site/nycgov/menuitem.c0935b9a57bb4ef3daf2f1c701c789a0/index.jsp?pageID=mayor_press_release&catID=1194&doc_name=http://www.nyc.gov/html/om/html/2011a/pr003-11.html&cc=unused1978&rc=1194&ndi=1

地方活性化について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です