ぶつぶつとビジネスの考えを書く。

同じ話を何回もしているおっさんになっているのか心配です。

どうも、しまです。

別に同じ話を何回もしているおっさんが悪いわけではありませんが、

誰に何の話をしたのか忘れるので、思ったような滑らない話をしたあとのリアクションがなければ。

「前に同じ話したっけ?」という言葉を投げかけると、
ちょっとテンション低めで、「はい。。」とか「うん。。」と返答されるよね。

そのあとの空気とお話の勢いはいっきに減速し、
なんともいえない空気感のなか、忘れ去られる時間がそこにはあります。

前置きがくそ長くて本題に入りたいと思いますが。

個人的な考えまとめ。

VOL.01

ということで、

記念すべき第1回は、これこそ何度も話していると思います。

お金について考えていることをまとめます。

シンプルにお金がほしい。 ↓答え

ならいっぱい信頼を獲得する方法を考えて、その信頼をお金に換えたら??

町を歩いて、のどが渇いたので、コンビニに入ります。

コンビニはいろんなものが売っている。飲み物が売っている。選択肢がある。

スーパーは広いけどレジに飲み物だけもっていくのはどうも気が引けるなどの理由でコンビニを選びます。

そうです、コンビニは名前の通り「便利」気軽に行けるからという「信頼」を得ているのでここでも消費される利益を生みます。

お金が流れますね。

商売全体のものではなく、個人に置き換えてみますか。

1.仕事をしていてまじめな勤怠で出世し給料が上がる場合。

2.自分が有名で、商品を紹介することで、対価を得る場合。

3.自分にしかできないことがあり、それを求める人がお金を払ってでもほしい場合。

それぞれ「信頼」=「価値」

となりますが、今同じようなことをしていて、お金がない場合以下の問題があります。

1.そもそもオンリーワンではない。競合がいる場合そこよりの優れていなければならない。値段の高さもありますね。いろいろあります笑

2.品質が悪い。しょぼい。

3.売っている人が世間的に嫌われていたり、何かが原因で低評価。

なので、そこを改善するとおのずと対価の価格が上がっていきます。

ちなみに僕は20代は年収100万円代と200万円代しか「信頼」も「評価」もありませんでした。

バイトしたり正社員になってもです。

週に5日 一日24時間の中で16時間くらい働いてもです。

その状況を嘆いているだけで、いつか給料の良い会社へ転職したりしようとも思っていましたが、鞍替えは思ったよりも労働力を使い、気苦労もあります。

現状を変えるだけの余裕も体力もなく、惰性も過ごす日々。

仕事以外は遊んで発散し、また仕事しお金を得る。

また遊び、時には収入以上に支出してしまい。仕事をやめられなくなる。

これは当たり前でほとんどの人が同じように過ごしていると思います。

それでも良いと思います。

僕はあることに気が付いて、自分のペースで考えて、

お金に変える信頼を獲得するために動いてきました。

そしたら年収は。。

今は数倍になっているので、「自分」の価値を高め、技術や学び
社交的に生きることで信頼を獲得してきました。

あとは信頼を獲得する為の相手を見極めることも大切です。

自分の価値が高まると、その価値を利用しようとする人は勝手に回りにあつまってきます。さらにもうけ話をもってくる人間ほどうまく関係がいったことはありません。

なので、人を見極め自分を守ってくれる信頼する人を回りに置き(いてもらい)
進んでいく(生きていく)ことがとても大切です。

まとめます。
自分の価値を高めるためには、
シンプルなルールです。

自身の利益を中心とした考えにしない。しっかりと回りい還元できる体制を整える。親でも友達でも恵まれない人たちにでも。

また、

嘘つかずに今自分が持てるせいいっぱいのサービスを提供できるようにする。

また、人の悪口を言わない。。ようにする。

すると自分の価値が高まっていることに、あるきっかけで求められたりすることが増えれば気が付くと思います。

その時が独立だったり、副業を始めるチャンスだと思います。

なので今回のコラムは

自分の信頼を獲得したあとに、対価としてお金にかえるシンプルなルールでした。

それでは、今日もしっかりと前を向いて誰かのために生きますか(^^♪

ぶつぶつとビジネスの考えを書く。