組織作りと考え方

モビルスーツの性能の差が、戦力の差だと思っていません。

どうも、しまです。

ということで、今回は僕の個人的なビジネスに関する考え方を記述します。

そもそも会社を経営していないのでは??

という事の色眼鏡で物事を判断する人はビジネスに向いていないので、

経営や管理職などに向いていないと思いますのでこのような記事は読まない方がいいですね笑

それでは、以下に要点をまとめておきます。

1.モノやお金を生み出す流れを把握していない人間はこの先余計な時間やお金を浪費する。

↑【補足】現場の人間のモチベーション管理や生産効率改善。士気などを把握していないと定期的に求人に時間がとられたり、いつまでも素人同然のスタッフをまわしているとサービス品質が一生改善されませんよね。※日報を読んでいるとかシステムで一見管理できていると考えていると失敗した時「なんで今まで気が付かなかったのだろう・・」と後悔している人を良く見てきたので、答えは簡単で、普段やっている管理が管理ではなかっただけのことですね笑

まずは人のせいして言い訳するのはやめましょう。すべて自分の責任です笑

2.常に生産効率とサービスの品質改善を考えて会社で仕事をする。


↑【補足】 これも当たり前の事ですが、仕事に追われていると、「ただこなすだけの仕事」「ただのタスクを消化するだけの仕事」になります。今は仕事が入ってきているので大丈夫でしょうが、忙しいからといって。

お金がほしいからといって。サービスのクオリティを下げて受注している会社をよくみますが、そんな会社はだいたいいつまでも社長のワンマンで、成長していません笑

仮に成長していても、自分の給料だけあげて現場のスタッフの給料は後回し。

そんなの誰もついてきませんよね笑

3.自分がいなくなっても良い環境を作ること。


↑【補足】 担当者レベルでも経営者レベルでも管理職レベルでも、常に代替えが可能な状態を創造して作っていくことが永続的に企業や組織を作るうえで大切です。

だって

急に誰かに不幸があったり、辞めたり企業のサービスを利用しているお客さんや従業員や家族に迷惑をかける企業はそもそも意味のない企業ですからね笑

経営者ならそれくらい最低限考えて生きていけと思います笑

4.新しい取り組みは、なるべくシンプルにして、継続できる仕組みを考え抜く。

↑【補足】 よくあるのが、便利やソフトや技術、ルール、何か問題があってそれを無くすためのルールを導入すると思いますが、続けることができない組織や会社は、だいたいボスなどが飽きっぽくて、事業展開を多くしていて、安易な発言や行動を起こしている人が多いです。まずは、「なぜその仕組みを導入する経緯説明」「シンプルなルール」が必要となります。

逆をいうと、意味を理解させられなかったり、複雑なルールは、「いつの間にか継続されず淘汰される」ので、無駄な時間と費用を浪費するだけですね 笑

5.わかりやすい目標設定と評価制度を導入する

↑【補足】これはシンプルです。誰が何のためにどうやって仕事をしていくか。

をわかりやすく指標化し日々の行動の原動力とします。もし評価制度がない状態で20年間以上も同じ職場で同じ環境で働き続けてる人がいるなら会ってお話して勉強したいです笑

取り急ぎ日ごろ思っているビジネス論を書きなぐってみました。

いろいろな人と関わり組織を作っていかなければなりません。

人数が多いほど、

かかわる人が多いほど、

組織をつくったり、動かしたりするのが難しくなります。

もし、自分発信で新しいルールなどが浸透しなく動きが鈍かったりしたら、

一番最初に「自分の信頼」を疑ってください。

すでにその組織を動かすあなたに求心力がなくなっているのかもしれません。

まずは、少ないうちに求心力のある人間を自分のまわりに配置するか、

自分自身に信頼をおける行動をこころがけ日々対人と接することをおすすめします。

それでは長くなりましたが、こんなことを考えながら2019年もバタバタと忙しくなりそうですわな笑

楽しんで生きましょうか(^^♪

組織作りと考え方