アーティストの売り方について。

最近わかったこと。外の撮影は日焼けに気を付けよう。

どうも、しまです。

紫外線対策をしないでほぼ一日外にいたら、そりゃ日焼けするわね。。。苦笑

という事で、ここからはあくまで個人的な見解ですので、いやな気分になった方はすいません><

アーティスト売り方の法則がちょっとづつ見えてきたので忘備録。

ここでは、わかりやすく「A」と「B」にわけていきます。

「A=露出が多いパターン」
「B=露出が少ないパターン」

長期的に人気なアーティストは「B」に大体当てはまります。極端に露出が少ないです。

主に公共のTV出演ですね。

「A」は爆発的に人気になりますが、最終的にはコアなファンのみ残る確率が高いので、徐々に人気は下降傾向にあります。

韓流ではわかりやすく、「A」のパターンだとグループの共同生活をリアリティショーみたいな感じで紹介してたりしてますよね。

日本だと一時期、ナイティナインさんとかが番組でオーディション番組をやっていたのが懐かしいです。募集から追っかけてデビューまでの道のりを見せます。
どうしてもデビューまでがメインの山場的なものになるので、その後の人気は下降をたどっていました。そう考えると、ケミストリーさんは頑張った方ですね。

ちなみに韓国デビューからも普段の生活をTV放送してなんとなくメインの山場をデビュー後にもっています。おそらく番組が終われば人気も下降していくでしょう。

純粋に音楽だけの質で売れたアーティストよりは、その売れなくなっていく反動が大きい気がしますが、売れる確率は高くなると思います。

ちなみに

「B」のパターンは、Greeeeeenさんとか宇多田ひかるさんとか、尾崎豊さんとか、
hideさんとか、one ok rock さんとか、radwimpsさんとかですね。

露出を抑える事でライブやコンサート、たまにあるTV出演などでファンをコントロールします。

ちなみに、「A」と「B」に共通して必要な事は、もちろん「音楽の質の高さ」ですね。

軸なる商品サービスがダメだと戦略が良くても売れません。それはビジネスだと当たり前です。

会社を継続させるには、という観点からエンターテイメント事業にもにも共通点があったので、
だらだらと書いてみました。

まとめます。

今は韓流のアーティストが人気の売り方をしてますね笑

【BLACKPINK】

まぁ、最後のはとてもかわいらしい動画の編集をしているので是非いろいろ参考にしたいものですよね。

効果音と文字の出方。

編集は大変だと思いますが。。。笑

それでは、ぶつぶつと中途半端な見解の記事でしたが、
夏バテを吹き飛ばして生きましょうか(^^)

アーティストの売り方について。