先人に学ぶとする

信長の野望で日本の半分以上を我領土にしております。

どうも、しまです。

という事で、最近更に未来を見るにあたり過去を振り返るようにしておりますが、
ちょっと小話。

平安時代初期の僧。弘法大師(こうぼうだいし)の諡号(921年、醍醐天皇による)で知られる真言宗の開祖である。

この懐(ふところ)の深い。器(うつわ)のでかい。

人の心を動かすためにも、芸を身につけ、文学を身につけ、慈悲の心をもち

神も仏も根源は一つとし、ただただ人への愛のカタチを表現していく人生を歩み、

自分がなくなったあとも人が集まる墓地がある。

歴代の戦国時代と呼ばれた武将も数多く眠る

織田信長や明智光秀などのお墓も同場所にある高野山「奥の院」

人生で一度は訪れたい場所が一つ増えました。

それでは、残りの人生を有意義なものにするために。

今日も楽しんでいきましょうか(^^)

先人に学ぶとする